RSS
Admin
Archives

どっぷりボード三昧

リフト券、スノーボードムービー、板の新製品情報などをのせています。

人気記事
天気予報

晴れマーク/雪マーク
ゲレンデの天気

(ウェザーニューズより)

Snowボード アイテム

NOMISステッカー
ステッカー一覧



ニット・ビーニー一覧



チューンナップ一覧


WAX一覧



BURTON SHOP

ProfilE

スノーボード

(Wikipediaより)

Absorban

Author:Absorban
スノーボード」と「バレー・フットサル」をやっている6年目社会人!

シーズンが終わりましたが、これから準備期間に入るでしょう!!!

来季モデルが続々でてきてますね。



[閲覧者の皆様へ]
当サイトでいろいろなボードなどの紹介時に使用しているほとんどの画像については楽天 およびSnowboard/Sky F-janck & Aspen よりお借りしています。その商品が気になった場合は画像をクリックされ、直接確認してください。クリックされても見に来てくださった方に不利益になる事はありません。


スノーボードLINK
リンクに関しては気軽にコメント欄にどうぞ。
「リンクしてよ!!」くらいな感じでね。^^
アウトドア ランキング
ランキングサイト

ブログ村 スキースノボーブログ
ブログランキング
スポーツ・アウトドアを価格比較
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
サーチエンジン
ブログランキング
fc2ブログランキング
くつろぐブログランキング
人気ブログランキングへ
フリー登録.com~検索エンジン無料手動登録~ブログも登録OK

QRコード
携帯からもご覧になれます。
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
カテゴリー分類
気になる情報!!




















--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
11
Category : 大会情報
先週の9,10日に東京ドームで行われたX-trail jam

世界のトップライダーが集結し、日本ライダーとの競演が行われた。この大会はjamセッションなので、時間内なら何本でもトライすることができるので、競技というよりも、パフォーマンスと言った方がいいような大会だと思う。

もちろん優勝したライダーには日産のX-trailがもらえるのだが、今大会は非常にすばらしい大会だったようだ。
また、テリエの競技引退に伴って「ありがとう テリエ」というセレモニーも行われたとの事。行った方は生テリエに会えたのだろうかうらやましい限りだ。

大会の内容としては、まず9日のクォーターパイプでは始めに投票で選ばれた選手と推薦で選ばれた選手の10名により予選が行われた。これに勝ち残れるのは5名のみ。
これに勝ち残ったのは村上大輔、鈴木拓巳、中井孝治、村上史行そしてライオ5名

jamセッションではこの5人に去年6位入賞の増田塁輝、そして海外招待選手16名で争われました。これに勝ち残れるのは6名のみ。

ショーンホワイト、トラビスライス、ニコラスミューラー、リストマッティラ、アンティアウティそして村上大輔の6名により行われた決勝。
ニコラスワンフットのマックスイストを決め、リストBS900ジャパンエアーを、村上大輔マックツイスト720をメイクなどなど。

結果は
3位

リスト・マッティラ。

2位

アンティ・アウティ。

そして堂々の優勝は

SHAUM MHITE

ショーン・ホワイトはマックツイスト、チャック720、FS1080をメイク。



次に10日のストレートエアー
この競技はセミファイナル以外は2本しか飛べず、そのいい点の方により勝敗が決まるので、クォーターパイプよりも精度と完成度が求められる。

昨日に引き続き出場する海外招待選手には疲労が蓄積し過酷な大会なのだが、このストレートエアーに出場予定だった、布施忠、ニコラス・ミューラー両名がクォーターパイプの負傷により出場が出来なくなるという昨年の王者はいないという波乱の幕開けとなった。その為日本人予選では急遽予選突破選手数を4名から5名に増やす事になり、日本人ライダーの上位進出の可能性が広がった。

日本人予選では鈴木翔太がFS720、中井孝治がBS900、小西隆文がFS900などなど全員が2回転以上するという壮絶な戦いに!!!

もっともすごかったのは平岡睦史。ダブルバックフリップをメイクし、最高得点を叩き出し、1位通過を決めた。その他は順に中井孝治、鈴木翔太、石川敦士、谷口尊人


ここから先ほどの5人に招待選手の鈴木伯、山口睦生、そして海外招待選手16名によりさらに激しい戦いが始まった。

予選内容としては中井孝治がキャブ1080を、ヘイキソーサがFS900インディ、平岡睦史がやはりダブルバックフリップを決め、予選でもトップに!!その他は順にマシュークレペル、ショーンホワイト、ヘイキソーサ、ダニーキャス、トラビスライス、アンティアウティ、リストマッティラ。
なんと予選で日本人がトップに!!

ここからjamセッションが始まる。ショーンがFS1080、ヘイキ、ダニーがFS900、アンティがFS1080テイル、平岡がキャブ1080メロンなどなど・・・平岡、トラビスのダブルバックフリップ対決ってのもあったようだ。これだけの高難易度のトリックを繰り出しても決勝に進むのが難しかった中ファイナルに進んだのはマシュー・クレペル、ショーン・ホワイト、トラビス・ライスの3名。

ファイナルでのトリック1本目ショーンはキャブ1260メランコリー、マシューはスイッチBS1080インディ、トラビスはダブルコーク1080。既にどのトリックも3回転しているという非常に人間離れしているとしか言いようがない。

この時点ではマシュー、ショーン、トラビスの順であった。

2本目トラビスが1本目と同じダブルコーク1080、ショーンはキャブ1260、マシューはスイッチBS1260

この壮絶極まる大会の結果は
3位

ショーン・ホワイト

2位

マシュー・クレペル

そして優勝は

TRAVIS RICE

トラビスは02年の優勝から4年。2回目の優勝となった。これだけのトリックを直接目に焼き付けた見に行かれた方は本当にスノーボードの可能性、かっこよさ、そして魅力を存分に感じたと思う。

-X-trail jam(公式)-
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

トラビスはかんなりやばかったみたい!!

ファイナルでえぐいやつ決めたからみんなショーンとマシューが何したか覚えてない人おおいんじゃないかと。

ショーンのアンチってのはわかる気がする。やりすぎって感じがするしね。

布施忠も出てたんだけど、書いたように9日の日本人予選で膝を痛めちゃったみたいやねん。

やったー!Travis Rice!!

僕の中ではお気に入りでしたねー!
ちょっとだけAnti-Shaun White ってこともあってね。

でも日本人達は残念だったなー。布施忠も出てたんですか?

すごい詳しくて良かったっス。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。